診療内容

  1. HOME
  2. 診療内容
  3. 糖尿病

糖尿病

糖尿病とは、かみ砕いて言えば「血糖値が持続的に高い状態で、そのために脂質(中性脂肪やコレステロール)・タンパク質・骨などの合成や化学反応にも異常がでることが多く、血糖高値とそれらが様々にからみあって身体に悪さをして、合併症を引き起こす病気」です。

当院では、糖尿病と診断された方の治療や、糖尿病になるリスクが高い方の診断・発症の予防を行います。
最も一般的な糖尿病である2型糖尿病の診断・治療はもちろんこと、糖尿病専門医として1型糖尿病や妊娠糖尿病、その他糖尿病の治療もいたします。

糖尿病の診断基準に合致しても、血糖値の上昇が軽度であればほとんど症状がありません。しかし、この段階から血管での異常が蓄積されることが判明しています。つまり、怖いのは今症状があるかどうかでなく、知らない間に進行してくる合併症(失明、腎不全、脳梗塞、心筋梗塞など)です。
糖尿病は、発症した早期の段階から適切な生活習慣(食事、運動)と治療を行えば、大きな制限なく日常生活を送ることができます。できるだけ合併症が起きないように、悪化しないようにサポートします。
当院では糖尿病専門の看護師や管理栄養士などさまざまなスタッフと連携し、患者さん一人ひとりに合わせた「続けられる治療」を心がけています。

当院の特徴

糖尿病の即日検査

糖尿病の即日検査

当院では糖尿病の診断に必須であるHbA1cの即日検査ができます。
また、お薬の決定に必要な肝機能・腎機能・脂質検査(コレステロール・中性脂肪など)・赤血球数・白血球数・血小板数なども即日検査が可能です。

糖尿病専門医の診断・治療

糖尿病専門医の診断・治療

糖尿病のお薬はどんどん進化しています。同じ作用の薬でも患者さんによって合う・合わないがあります。糖尿病専門医として、今の体調に合わせて、量や種類を細やかに調整します。また、患者さん一人ひとりの状況に合わせて「具体的にどうすればいいか」を丁寧にお伝えするようにいたします。

糖尿病の主な種類

  • 1型糖尿病

    1型糖尿病

    自己抗体によって膵臓のβ細胞(インスリンを分泌する細胞)が壊されてしまう病気です。
    生まれたばかりの赤ちゃんから70〜80歳代まで、すべての年齢層で発症が確認されています。

  • 2型糖尿病

    2型糖尿病

    最も一般的な糖尿病で、10人に9人以上はこのタイプです。主に中高年で発症します。インスリンの出る量が少なくなったり(インスリン分泌不全)、肝臓や筋肉などの細胞へインスリンが働きにくくなったり(インスリン抵抗性)して、血液中のブドウ糖がたまりすぎて起こります。

  • その他の糖尿病

    その他の糖尿病

    遺伝子異常、すい臓の病気、肝臓の病気、などの他の病気や、薬剤によっても糖尿病となる場合があります。

  • 妊娠糖尿病

    妊娠糖尿病

    妊娠中に発症あるいは初めて発見された糖尿病にまで至らない糖代謝異常。
    「少し高めの血糖値」程度でも胎児に影響が出ることもあるため、厳重な血糖管理をおこなう必要があります。

当院での治療法

  • 1型糖尿病

    1型糖尿病

    生活にあわせたインスリン投与量調節を診療のなかで患者さんと相談しています。
    ペン型インスリンのほか、インスリンポンプにも対応いたします。

  • 2型糖尿病

    2型糖尿病

    食事・運動、最後に薬の調節です。食事・運動は主にインスリン抵抗性の改善と関連しています。看護師や管理栄養士が食事・運動習慣など聞き取りし、取り組んでいただきつつ、専門医としてその方にあった薬物治療を提案・調整いたします。

  • その他の糖尿病

    その他の糖尿病

    糖尿病専門医として、適切な治療を行います。

  • 妊娠糖尿病

    妊娠糖尿病

    まずは食事療法により厳格に血糖コントロールを行います。そして重症度に応じて、胎児に影響しないインスリン製剤を用いて治療します。出産後には血糖値が正常に戻ることが多いですが、その後糖尿病に移行していく方もあるので、産後のフォローアップが非常に大切です。産後1〜3ヶ月後、その後は1年毎にブドウ糖負荷試験をして、血糖値が正常化しているかの確認をお勧めしています。

当院でできる糖尿病迅速検査

血糖検査

血糖検査

来院時に空腹時の血糖値または、食後の血糖値を検査します。(約3分程度で結果が出ます)糖尿病や妊娠糖尿病の診断のため、ブドウ糖負荷試験をおこなう場合もあります。

ヘモグロビンA1c検査

ヘモグロビンA1c検査

過去1~2カ月間の血糖値の平均を示し、血糖コントロールの指標となります。
1カ月に一度検査します。
(約3分程度で結果が出ます)

尿検査

尿検査

尿中の糖・蛋白などを検査します。
糖尿病に伴う腎臓の状態を確認するのに有効です。
(約5分程度で結果が出ます)

参考サイト

糖尿病いろは

糖尿病いろは

わかりやすく病気の基本を紹介しています

ドクターズ・ファイル 糖尿病の特性やリスクを伝え、患者の症状や生活に合わせた治療を