クリニック案内

  1. HOME
  2. クリニック案内
  3. 院内の様子

院内の様子/検査・治療機器

院内の様子

イオンタウン有松1階にあります
イオンタウン有松の中央、ウェルシアさんの向かいにあります。

院内
入り口はゆるやかなスロープになっています。入るとこのような院内です。

受付
スタッフが笑顔でお迎えいたします。こちらで受付をお済ませください。

待合室
ゆったりした待合スペースです。テレビ、パンフレットなどもご用意しています。

診察室
メインの診察室です。問診や処方をこちらで行います。

栄養指導・第二診察室
管理栄養士による栄養指導や月に数回の専門外来を行います。

療養指導・フットケア室
看護師による自己管理(療養)指導やフットケア外来を行います。

お手洗い
院内にお手洗いがあります。男女別・車いす対応です。

処置室
採血などの処置・血液検査を行います。また心電図や超音波検査などもこちらの部屋で行います。

レントゲン室
受付横にあるレントゲン室では腹部/胸部の撮影をします。 骨粗しょう症の簡易検査もできます。

検査・治療機器

  • HbA1c測定装置
    HPLC法という、総合病院や外注検査会社と同様の方法でHbA1cを測定します。最速60秒で結果が出ます。
  • 血糖測定器
    血糖値を検査できる機器です。自己血糖測定で使用される器械よりも精度が高く、測定範囲も10~1,000mg/dlと広いです。
  • 甲状腺
    TSH、フリーT3、フリーT4を測定します。最速20分ほどで結果が出ます。
  • 臨床化学分析装置
    炎症の度合いを定量的に示すCRP値や腎機能・肝機能などの血液検査を行います。
  • 全自動血球測定器
    白血球や赤血球、血小板などの血液の主な成分を測定します。白血球数からは感染や炎症を推定したり、赤血球が減少する貧血などを調べられます。
  • 尿分析装置
    糖尿病性腎症の早期発見、脱水症やさまざまな腎臓の病気などを調べることができます。当日すぐに結果がわかります。
  • 感染症検査装置
    ウイルスが少ない感染初期(発熱直後)のインフルエンザでも、早期発見が可能な高感度検出診断装置です。
  • 超音波検査装置(エコー)
    体の表面にゼリーを塗って超音波をあてて、内臓や血管の状態を把握する検査装置です。当院では甲状腺の観察に使うことが多いです。
  • 心電図
    心臓の動きを観察する心電図検査を行います。不整脈や狭心症などの診断ができます。
  • X線撮影装置(レントゲン)
    胸部や腹部の検査を主に行います。ベッド部分が硬くないタイプにしました。
  • 血圧脈波検査装置
    上肢(手)と下肢(足)の血圧を同時に測定し、下肢動脈の血流障害を検出する装置です。血管年齢も計算できます。
  • AED
    院内にAEDを備えており、緊急時にすぐに使用できます。お近くで万が一のことがあった際、AEDや応援が必要な場合は、すぐにお声がけください。
  • 体重計
    手すり付きの体重計です。
  • 身長計
    初診時に身長を測ります。
  • 自動精算機
    患者さんへの対応時間を確保し、釣り銭間違いを防止するため、当院では自動精算機を採用しています。趣旨をご理解いただき、ご自身での精算にご協力をお願いいたします。